Jazz/ classical flutist Kana Miyamoto's website

miyamoto KAna 

ニューヨークに在住するフルート奏者。千葉県出身。2017年に本人がリーダーをつとめるフルートカルテットKANACEPTの ' Spring Doze'というアルバムを作成し、いくつかの音楽マガジンやラジオで掲載されている。


13歳の時にフルートを始めて以来、千葉県地区のソロコンテストで優秀な成績をおさめるなどし、15歳の時に文化庁海外留学制度派遣員として渡米。高校時代をアメリカで過ごし、帰国後は東京音楽大学へ入学。在学中はフルート奏者としてクラシックジャズに関わらず、オーケストラや室内楽での活動に加え、TVCMレコーディングなどのスタジオ録音にも参加。卒業後は、TADウィンドシンフォニーやThe United Brass Wind STEP, 熱田公紀率いるY-Mex.Orchestra等に所属しながら、国内各地にて演奏を行っていた。2010年には名古屋Radio-i 20周年記念のバンドとして演奏、2011,2012年には取手ジャズに出演。一方で子供に対する音楽教育にも力を入れており、ピティナの学校クラスコンサートや児童施設へのボランティア演奏、音楽企画を多く企画し精力的に参加。2010年には自身のグループにて絵本「みほといのはなぼうず」、2011年には「ぐるんぱのようちえん」のための音楽を児童施設に於いてや自主公演としても行っていた。。2014年にニューヨークに拠点を移し、The School of Jazz New School,(旧名:The New School for Jazz and Contemporary)へ学長奨学金を得て入学。在学中は、Steve Cardinas, Billy Harper,  Richard Boukas, Marc Mommaas, Jamie Baum, Armen Donelianなどに師事しまた一緒に演奏も行っている。2015年夏にはHadson Jazz Workshopにて奨学生として参加。2016年に卒業。現在は、ニューヨーク内のライブハウスやレストラン、実験的な音楽の制作現場にて日々新しい音楽と向き合いながら活動を行う。またshapeshifter Lab 主催によるNeue Forum No.6、Nathan Kamalがヒッチコック映画''The Bird'に音楽制作をしたプロジェクトの録音や,Sammy Weissbergの楽曲の録音に参加。'2017年にはアーティストビザを取得し、活動を広げている。

 

フルート奏者宮本果奈のデビューアルバム‘スプリング•ドーズ’は美しく、何度も聞き返したくなるような音楽的な作品に仕上がっている。彼女とバンドは作品を通してとても知的なインタ ープレイを行っており、よく構成されている。上出来のデビュー品だね!

-スティーブ•カーディナス-(Steve Cardinas ジャズギターリスト)

彼女は素晴らしくゴージャスな音色と彼女特有のアプローチでクラシック、ジャズ、ロックの影 響を融合させいてる。

-ジェイミー•バウム(Jamie Baum ジャズフルート奏者)

 

 

Recordings

2018 The Cradle ‘Bag Of Holding”(LP)

2017  Kanacept ''Spring Doze''

2014  太田みのり Album ’’小さな空’’

2013 高知尾純  'Album ''壮麗帝スレイマンⅠ世の栄光''

2012  Jeff Nicolson Album  ''Dagashiya'